1. しだみ高橋クリニック
  2. 設備紹介

FACILITY設備案内

院内の様子

外観

外観
広い車寄せが特徴的な外観です。
雨の日の送迎も、こちらで乗り降りしていただくことで濡れずにご来院いただけます。

駐車場
10台完備しています。
駐車場がいっぱいになってしまった時は、受付にお申し出ください。

院内

入り口
段差のないバリアフリー仕様です。車椅子やベビーカーのままお入りいただけます。

受付
入ってすぐ左手が受付です。こちらで診察の受付をお済ませください。

待合室
診療までや、会計の間、こちらでお待ちください。

キッズスペース
待合室の奥に、靴を脱いで遊べるキッズスペースを設置しました。
※ 新型コロナウイルス感染予防のため、閉鎖しています。

トイレ
トイレ内には、オムツ交換台をご用意しています。

診察室
診察室は3部屋あります。

診察室
こちらはエコー検査が行える診察室です。

中待合
第2診察室の前には、中待合があります。こちらは、感染症隔離待合室としても利用します。

内視鏡室
胃・大腸の内視鏡検査を行うお部屋です。

更衣室
内視鏡室の前には、検査着に着替えていただくための更衣室があります。

CT室
CT検査を行うお部屋です。

処置室
点滴などの処置や、内視鏡検査後に横になって安静にしていただくための処置室は、カーテンで仕切ることができます。

ネブライザーのスペース
吸入器(ネブライザー)は、処置室で行います。

検査・治療機器紹介

CTを用いて精密検査を行います

CTは、身体の周りからX線を照射して身体の内部(断面)を撮影する検査です。
当院は16列マルチスライスCTを導入しています。
平面検査であるレントゲンではわかりにくい病変も、CTを用いて臓器を立体的に把握することで、発見できる場合があります。

  • スパイロメータ
    肺活量などさまざまな測定を行い、喘息の程度を調べます。
  • DCA バンテージ
    糖尿病患者様のHbA1cと微量アルブミンを院内で迅速に測定できます。
  • 尿分析装置
    尿中の糖やタンパク、PH、潜血などを測定できます。
  • 自動血球計数CRP測定装置
    急性の組織障害、炎症、感染症にかかると上昇するCRPの値を調べる装置です。
  • 自動血液分析装置
    血液に含まれる成分から、感染症や炎症を診断します。
  • 炭酸ガス注入器
    大腸CT検査のために、お尻から炭酸ガスを注入する装置です。
  • 内視鏡
    鼻から挿入する胃内視鏡検査と、直径12mmの細くて柔らかいチューブを使う大腸内視鏡検査を行います。
  • 内視鏡洗浄消毒器
    内視鏡は、専用の洗浄消毒器を使い、確実な洗浄消毒をしています。
  • 超音波診断装置(エコー)
    超音波を使って、体の中にあるいろいろな臓器を調べることができます。
  • 吸引器
    痰や鼻水の吸引をする機器です。
  • 吸入器(ネブライザー)
    咳や喉の炎症を抑える薬や、ぜんそくの薬を吸い込むのに使います。
  • インフルエンザ迅速検査機
    感染して間もない、ごく初期のインフルエンザをその場で調べられる高感度診断機です。
  • デジタルアノスコープ
    肛門の状態を見るための小型デジタルカメラです。
  • 電気メス
    内視鏡検査でのポリープ切除や、手術時に使用する電気メスです。
  • 呼気NO測定装置
    息を吹き込むだけで喘息の状態がわかる機械です。アニメーションで指示が出るので、小さなお子様でも簡単に使えます。
  • 赤外分光分析装置
    ピロリ菌がいるかどうか、息を吹き込んで調べることができる尿素呼気試験(UBT)の検査機器です。
  • 超小型防水ホルター心電計
    24時間かけて、日常生活の中での患者さんの心臓の状態を記録し、解析します。装着したままシャワー・入浴が可能の検査機器です。
  • 全自動遺伝子解析装置
    新型コロナウイルスの感染の有無を調べることができます。1~2時間で検査結果が分かります。